2016.3.31 05:05(2/2ページ)

高橋ジョージ“大幅譲歩”、和解条件に『長女の写真を年2回送る』

高橋ジョージ“大幅譲歩”、和解条件に『長女の写真を年2回送る』

三船美佳

三船美佳【拡大】

 丸1年続いた離婚裁判は前日29日に東京家裁で行われた和解期日の話し合いで、協議離婚に加え長女の親権を三船が持つことで和解。それを受けて三船が訴えを取り下げ離婚届を都内の区役所に提出したが、和解条件の中に高橋にとっては切ない現実が含まれていた。

 複数の関係者によると、高橋は年に2回、三船側から長女のカラー写真を送ってもらうことで合意。当初は動画のビデオレターにする話も出ていたが、三船側の希望でカラー写真に。今年は4月と8月の2回で、来年以降は1月と8月の2回となる予定という。

 高橋は離婚合意後、最大の争点とされた三船に対する言葉による暴力(モラルハラスメント)を文書で改めて全面否定。また、長女の親権を三船に譲った場合は、定期的に面会する希望を持っていたとされる。それなのに、長女との面会を断念する“大幅譲歩”をしたのは、お互いの将来を熟慮した結果とみられる。

 高橋の所属事務所はこの日、サンケイスポーツの取材に「双方が努力すれば、将来的には長女に会えるようになると思う」とコメント。高橋と長女の面会可能性も含め、会見での三船の発言内容が注目される。

  • 高橋ジョージ