2016.3.28 11:00(1/5ページ)

多部未華子、映画『あやしい彼女』で魅力全開!

多部未華子、映画『あやしい彼女』で魅力全開!

特集:
TOKYO HEADLINE
多部未華子(撮影・辰根東醐)

多部未華子(撮影・辰根東醐)【拡大】

 73歳のおばあちゃんがある日突然20歳に若返り! 今までの分も人生を楽しもうと決めた彼女は、得意の歌をイケメン音楽プロデューサーに見初められ、孫と一緒にバンドデビュー!? 映画『あやしい彼女』は、日本でもヒットした韓国映画『怪しい彼女』を『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督がリメイクした作品。日本中がその“あやしさ”に引き込まれてしまう異色のヒロインを演じた多部未華子を直撃した!

 「台本を読む前にオリジナルを見たんですが、本当に楽しくて感動して…」

 本作のもととなったオリジナル作品を見て、すっかりこの物語に魅了された、と多部未華子。

 「3回くらい見ました(笑)。演技の参考にしようというわけではなくて、作品としてすごく好きで。その後、撮影をしていて“このシーンはオリジナルではこうだったな”と鮮明に思い浮かんでしまうほどで、3回は見過ぎたと少し後悔しました(笑)」

 そんな多部が演じるのは、ある日突然、外見が20歳に若返ってしまった73歳のおばあちゃん・瀬山カツ。大鳥節子という偽名を名乗り20歳として生き直そうとするも、ついタフな人生を生き抜いてきた“毒舌おばあちゃん”の地が出てしまう。多部が見事に演じる“外見と中身”のギャップに観客も抱腹絶倒だ。その“中身”の役作りは、2人一役を演じた倍賞美津子の存在が大きかったという。

【続きを読む】

  • 多部未華子(撮影・辰根東醐)