2016.3.18 05:03

高橋大輔氏が五輪キャスターデビュー「誠心誠意お伝えする」

高橋大輔氏が五輪キャスターデビュー「誠心誠意お伝えする」

“オリンピアンキャスター”としてリオデジャネイロ五輪を盛り上げる左から高橋大輔氏、野村忠宏氏、小谷実可子氏

“オリンピアンキャスター”としてリオデジャネイロ五輪を盛り上げる左から高橋大輔氏、野村忠宏氏、小谷実可子氏【拡大】

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔氏(30)が、フジテレビ系で中継する「リオデジャネイロ五輪」(現地時間8月5~21日)で、五輪キャスターデビューすることが17日、分かった。

 冬季五輪メダリストが夏季五輪のキャスターを務めるのは同局では初。1996年のアトランタから3大会連続五輪の柔道男子金メダリスト、野村忠宏氏(41)、88年ソウル五輪シンクロナイズドスイミングソロ、デュエット銅メダリスト、小谷実可子氏(49)と“オリンピアンキャスター”トリオを結成し、現地から感動を届ける。

 3人を起用した制作サイドは「アスリートの本音を最大限引き出せるのは、その舞台を経験した方が最適」と期待する。

 14年に現役を引退した高橋氏は、同局系「世界フィギュアスケート選手権2016」(31日~4月4日、後7・0)で初の中継に挑戦するなど新境地を開拓。五輪の大役も任され、「選手たちの努力や情熱を誠心誠意お伝えし、選手の素直な思い、一人の人間としての魅力を引き出せるインタビューができれば」と意欲。今回が五輪キャスターデビューとなる野村氏も「自分は“できる”という強い気持ちで臨みます」と張り切っている。

 中継キャスターは同局の宮澤智アナウンサー(26)が務める。

  • “オリンピアンキャスター”としてリオデジャネイロ五輪を盛り上げる左から高橋大輔氏、野村忠宏氏、小谷実可子氏