2016.3.7 17:40(1/2ページ)

赤江アナ、涙こらえTBS小林悠アナ退社報告「もっと仕事をしたかった」

赤江アナ、涙こらえTBS小林悠アナ退社報告「もっと仕事をしたかった」

TBSを退社した小林悠アナについてコメントした赤江珠緒アナ

TBSを退社した小林悠アナについてコメントした赤江珠緒アナ【拡大】

 フリーアナウンサーの赤江珠緒(41)が7日、メーンパーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・0)で金曜パーソナリティーを務め、同局を退社した小林悠アナウンサー(30)について「一緒に働いている仕事仲間はもっとナタリー(小林アナの愛称)と仕事をしたかったなという気持ちでいっぱいでした」とコメントした。

 番組冒頭、「きょうはどうしてもこの話をしなくてはいけない」と切り出した赤江アナは、小林アナが4日付で同局を退社したことを説明。リスナーに「ちゃんと本人の口からお話しすることなく、みなさんの前を去ることになってしまったことを同じ番組をやっているものとして、本当に申し訳なく思っております」と番組として謝罪した。

 小林アナ退社について、2月18日にプロデューサー経由で聞いたという赤江アナは、翌日金曜日の同番組放送終わりに会いに行ったという。「いっつも本当に明るくて、『赤江さーん』みたいに言ってくれていた子が、ちょっとやせてましてね」と声を詰まらせながら小林アナの様子を伝えると、「なんて声をかけていいかわからなくて。そんなに話もせずに帰った」と手紙を渡しただけと寂しそうに話した。そしてその19日放送が小林アナの最後のラジオ放送となってしまった。

 赤江アナは言葉を選びながら「残念」というと、「正直、『たまむすび』のスタッフたちもかなりダメージを受けております」と現状を吐露した。「いろんな報道もされていますけど、決して、すごく重篤で『今、命が…』という病気ではございません。それと、何かナタリーやってクビになったとか、やらかしてしまってとかでも全くございません。一切、何一つ、悪いことはしておりません。むしろ、一緒に働いている仕事仲間はもっとナタリーと仕事をしたかったなという気持ちでいっぱいでした」とコメント。

【続きを読む】