2016.2.18 05:03

生田斗真、劇団☆新感線舞台で吸血鬼役!クドカン「専属作家です」

生田斗真、劇団☆新感線舞台で吸血鬼役!クドカン「専属作家です」

脚本は宮藤官九郎

脚本は宮藤官九郎【拡大】

 俳優、生田斗真(31)が劇団☆新感線の舞台「SHINKANSEN☆R『Vamp Bamboo burn~ヴァン・バン・バーン~』」に主演することが17日、分かった。

 生田が同劇団の舞台に主演するのは、2006年の「Cat in the Red Boots」以来、10年ぶり2度目。ビジュアル系バンドのボーカルで、平安時代から生きている吸血鬼を演じる。

 脚本は、14年の主演映画「土竜(モグラ)の唄」でもタッグを組んだ脚本家で俳優、宮藤官九郎(45)。クドカンは先月末まで「土竜-」の続編(公開日未定)の脚本を書いていたため、「ようやく解放されたと思ったら、また生田斗真のセリフを書く。2016年は生田斗真専属作家です」とユーモアたっぷりに明かす。

 生田は「チョー楽しみっす!! 宮藤官九郎ファンの僕としては早く台本を読みたい!!」と大喜びだ。8~10月に東京、大阪などで上演される。

(紙面から)