2016.2.9 13:52(1/2ページ)

「番長」逮捕でギャグ漫画「かっとばせ!キヨハラくん」が休載決定

「番長」逮捕でギャグ漫画「かっとばせ!キヨハラくん」が休載決定

特集:
転落!清原容疑者逮捕
送検される元プロ野球選手の清原和博容疑者=東京都千代田区(撮影・福島範和)

送検される元プロ野球選手の清原和博容疑者=東京都千代田区(撮影・福島範和)【拡大】

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者がモデルの野球漫画「かっとばせ!キヨハラくん」(河合じゅんじ作)の休載が決まった。小学館のコミック誌『コロコロアニキ』に連載されてきたが、まさかの“主人公”逮捕によって同誌ホームページ上で「諸般の事情により休載といたします」と説明、読者に謝罪した。事件発覚後、漫画の存在がマニアの間でにわかに注目を浴びていた。

桑田も「クワタ」で登場 「かっとばせ!キヨハラくん」は、甲子園を沸かせ、西武の「黄金期」を支えた球界の元スター・清原容疑者をモデルにしているが、あくまでフィクションという設定である。威圧的な「番長」ではなく、とぼけた雰囲気のキヨハラの“ボケぶり”をコミカルに描いている。

 実在のプロ野球選手をモデルにした漫画といえば、1970年代から80年代にかけて人気を博し、映画化された「がんばれ!!タブチくん!!」(元阪神・田淵幸一が主人公)が有名だが、「キヨハラくん」にはPL学園時代から「KKコンビ」といわれた桑田真澄氏も「もう一人の主人公」として登場し、キャラが立っている。興味深いのは、漫画の中のクワタは“悪役”キャラで、キヨハラはむしろ「善人」として描かれている点だ。高校時代からのライバルの「確執」を皮肉を込めて表現し、読者の笑いを誘ってきた。

【続きを読む】