2016.2.9 19:36

英紙がベッキー騒動を報道 「日本の芸能界にはびこる性差別」

英紙がベッキー騒動を報道 「日本の芸能界にはびこる性差別」

特集:
ベッキー
1月6日、ゲスの極み乙女。の川谷絵音とのスキャンダルについて会見に臨んだベッキー=東京・新宿区

1月6日、ゲスの極み乙女。の川谷絵音とのスキャンダルについて会見に臨んだベッキー=東京・新宿区【拡大】

 ロックバンド、ゲスの極み乙女。の川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業中のタレント、ベッキー(31)について、英紙ガーディアン(電子版)が8日付で「日本の芸能界にはびこる性差別」として報道した。

 同紙ではベッキーが多くのレギュラーのテレビ番組に出演し、10本ものCMに出演していた人気タレントだったと説明。川谷との騒動発覚後、テレビは出演休止。さらに全CM、冠ラジオ番組も消滅し、体調不良を理由に休業したと伝えた。一方で、川谷の音楽活動に影響は生じていないことも付け加えた。

 記事では識者のコメントとして「タレントの価値は、どれだけ一般大衆から好かれるか。すなわち私生活も事務所の管理下のひとつとなる」と日本の芸能界を説明。その上で、不倫騒動前にベッキーが収録を終えた番組が、騒動発覚後に放映されると抗議が殺到したと報じた。

 さらに、昨年9月に交際発覚した17歳の女性アイドルに損害賠償を下した判決や、今年1月の男性ファンと交際したアイドルが契約違反として訴えられた訴訟などを紹介しながら、女性アイドルの恋愛禁止についても言及。2013年に当時AKB48に所属していた峯岸みなみが、お泊り愛を報じられ、動画サイトで謝罪、丸刈りになったことも動画付きで紹介した。