2015.2.4 00:00(1/4ページ)

好評連載「SKE48がバラを育ててみました」~その15「竹内舞、高木由麻奈、市野成美、なばなの里で疾走!」の巻

好評連載「SKE48がバラを育ててみました」~その15「竹内舞、高木由麻奈、市野成美、なばなの里で疾走!」の巻

特集:
SKE48がバラを育ててみました
左からリキさん、高木由麻奈ちゃん、市野成美ちゃん、竹内舞ちゃん

左からリキさん、高木由麻奈ちゃん、市野成美ちゃん、竹内舞ちゃん【拡大】

 アイドルグループSKE48が三重県桑名市の「なばなの里」を舞台にバラ栽培を行う好評連載「SKE48がバラを育ててみました」。3rdステージで彼女たちが育てるバラが決まり、いよいよ今月からメンバーたちが本格的な栽培に着手します。

 1stで大矢真那ちゃん、中西優香ちゃん、矢方美紀ちゃんが選んだ鉢。2ndでは佐藤実絵子ちゃん、柴田阿弥ちゃん、惣田紗莉渚ちゃんが土づくりに挑みました。そして3rdステージ。年の瀬を目前にした極寒のなばなの里で行われた「品種選び」には、内山命ちゃん、加藤るみちゃん、熊崎晴香ちゃん、酒井萌衣ちゃんの4人が参加。師匠・リキさん(伊藤力)らの助言を得ながら、話し合いの末、4人で「かおりかざり」と「クロッカス・ローズ」という2品種を選び出しました。

 そして今月、SKE48が挑む課題は「鉢植え」。彼女たちがつないできた「鉢」「土」「苗」がここでついにひとつになります。春の開花に向けて失敗が許されない大事な工程。この重要なミッションを託されたのは…チームSの竹内舞ちゃん、チームKⅡの高木由麻奈ちゃん、そしてチームEの市野成美ちゃんの3人です! 

 強力かつ個性的なメンバーが集いました。

 この人選にはもちろん意味があります。

 前回の座談会で「鉢植え作業に求められる要素」として、リキさんが挙げた「几帳面であること」。それを聞いた命ちゃんら4人が推薦したメンバーが高木由麻奈ちゃん。さらに「(几帳面さが求められるゆえに)やっぱり大人のメンバーがええよなぁ」(命ちゃん)ということで、抜擢されたのが舞ちゃん。「じゃぁ、15歳のなる(市野成美ちゃんのニックネーム)が選ばれたのは…?」というと…若さゆえの勢い! そして大胆さ! (おそらく突っ走るであろう)なるを大人2人が制御してバランスを取るという構図なのです。

【続きを読む】

  • テンションは最高潮!
  • 苗について説明するリキさん
  • 「かおりかざり」と「クロッカス・ローズ」について説明
  • カメラ目線で「いざ出陣!」