2016.1.26 12:00(1/2ページ)

実力派女優、蓮佛美沙子は「おじさまが大好き。シワもすてき」

実力派女優、蓮佛美沙子は「おじさまが大好き。シワもすてき」

28歳年の差婚のゆくえは!?(左から)蓮佛美沙子、遠藤憲一、渡部篤郎

28歳年の差婚のゆくえは!?(左から)蓮佛美沙子、遠藤憲一、渡部篤郎【拡大】

 女優の蓮佛美沙子(24)が、遠藤憲一と渡部篤郎のW主演ドラマ「お義父さんと呼ばせて」(火曜後10・0、フジテレビ系関西テレビ制作)でヒロインを演じている。

 中堅専門商社の部長、大道寺保(遠藤)との結婚を決意する28歳差の彼女が、蓮佛演じる花澤美蘭。一流商社に勤める花澤紀一郎(渡部)の長女で、何事も突き詰めないと気が済まない理系女子。猪突(ちょとつ)猛進な性格から「イノシシ」と例えられるほどだ。元気で明るい自由奔放な彼女は、オッサン2人を振り回していく。

 実力派女優として周囲の評価が高く、「七瀬ふたたび」「37.5℃の涙」で連ドラ初主演も果たしてきた蓮佛に話を聞いた。

 --年の離れた男性はどうですか

 「たまたまですけど、私はおじさまが大好きで・・・遠藤さん世代の役者さんが大好き。『えっ、付き合うの?』と静かに興奮した」

 --どんなところが魅力なのですか

 「酸いも甘いもすべて知っているところ。男女問わずデーンと構えている感じで、冷静に対応してくれそう。いろいろ経験されているので、いろんなことを教えてもらえるし、シワもすてき」

 --保さんは?

 「かわいさがある。母性本能をくすぐる。そういえば、渡部さんに初めてごあいさつしたとき、『エンケンじゃなくて、おれに付いてきて』といわれた(笑)」

【続きを読む】