2016.1.23 15:02

小栗旬、主演映画初日舞台あいさつ「長い旅が終わった気がする」

小栗旬、主演映画初日舞台あいさつ「長い旅が終わった気がする」

映画「信長協奏曲」の舞台挨拶に臨む左から柴咲コウ、小栗旬=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗) 

映画「信長協奏曲」の舞台挨拶に臨む左から柴咲コウ、小栗旬=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗) 【拡大】

 俳優、小栗旬(33)が23日、東京都内で行われた主演映画「信長協奏曲」(松山博昭監督)の初日舞台あいさつに参加した。

 2014年10月期に放送されたフジテレビ系連続ドラマの続編で、現代からタイムスリップした高校生のサブローが織田信長として生きる姿を描く時代劇。小栗は「2年近く、この作品と過ごしてきた。サブローの長い旅が終わった気がする」と感慨深げだ。

 信長の妻・帰蝶を演じた柴咲コウ(34)は、お勧めのシーンを聞かれ、「やはりサブローに『結婚式を挙げよう』といわれるところは、『いいな~』って思いました」と笑顔。

 舞台あいさつの最後には、大ヒットを祈願して鏡開きを実施。「よいしょ!!」の掛け声で酒だるのフタを割ると、柴咲、向井理(33)、Kis-My-Ft2の藤ケ谷太輔(28)らが次々と、小栗の持つ大金盃にひしゃくで酒を並々に注いだ。

 小栗は一気に飲もうとしたが、すぐに「これヤバイっすね。いってやろうと思ったんですけど、いったら2回目の舞台あいさつに立てなくなる」。苦笑しながらたるに酒を少し戻して笑わせた。

  • 映画「信長協奏曲」の舞台挨拶に臨む柴咲コウ=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)