2015.12.12 13:40

露出した下半身を「褒められたかった」 高速料金所の女性職員に見せつけた容疑

露出した下半身を「褒められたかった」 高速料金所の女性職員に見せつけた容疑

特集:
わいせつ事件簿

 高速道路の料金所で女性職員に下半身を露出したとして、大阪府警府民安全対策課は11日、公然わいせつの疑いで大阪府河内長野市楠ケ丘の大工の男(46)を逮捕したと発表した。「女性が嫌がる姿に性的興奮を覚えた。(自分の下半身を)褒められたいと思った」と容疑を認めているという。

 府警によると、男は平成23年秋以降、西名阪自動車道の柏原料金所(同府柏原市)や松原料金所(同府藤井寺市)などで、女性職員に通行料金を支払う際、約40回にわたって下半身を見せつけていたという。

 逮捕容疑は今年9月9日と同30日、軽ワゴン車で柏原料金所を通過する際、60代の女性職員に下半身を露出したとしている。

 府警によると、男は料金所の手前で停車するほどスピードを落とし、女性職員がいるブースを物色。男性職員のブースに進入してしまったときは助手席に用意していたタオルで下半身を覆い隠していたという。(産経新聞)