2015.12.3 16:36

西城秀樹、1年を振り返り「女房に良くしてもらった」

西城秀樹、1年を振り返り「女房に良くしてもらった」

朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~」の公開けいこを行った左から浅野温子、西城秀樹、市原悦子

朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~」の公開けいこを行った左から浅野温子、西城秀樹、市原悦子【拡大】

 歌手の西城秀樹(60)が3日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで行われた朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて心に感じるお話集~」(演出・モトイキシゲキ、3~6日まで)の公開稽古に出席した。

 2003年以降、2度の脳梗塞を発症したが、ウオーキングなどリハビリを続けており、「寒くなるとあまり(体調は)良くないんですが、公園で歩く練習をしています」と報告。今年1年を振り返り、「いいこともあり悪いこともあり…。思い出に残るといえば、女房に良くしてもらった」と笑顔をみせた。

 公演では童話や昔話、落語や歌詞など日本語でつづられた作品の世界観を語り手が朗読や歌で表現。朗読劇は初めてという西城はデビュー曲「恋する季節」の歌唱や高村光太郎の詩「道程」の朗読を力強く披露した。

 先月12日の同舞台の製作発表を風邪のため欠席した女優の市原悦子(79)は「抵抗力がなくて弱ってるんじゃない? 疲れがたまっていたのかな」と振り返り、「生の舞台って良いわね。結果はどうであれ、舞台に立つことはうれしいし、楽しいわね」と完全復活をアピールした。

 ほかに女優の浅野温子(54)が出席した。

  • 朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~」の公開けいこを行う西城秀樹
  • 朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~」の公開けいこを行う浅野温子