2015.10.31 05:01

スナックで被害急増「新型追いはぎ」摘発!泥酔客のカード不正使用

スナックで被害急増「新型追いはぎ」摘発!泥酔客のカード不正使用

 無許可でホステスに接客させていたとして警視庁保安課は30日までに、風営法違反(無許可営業)容疑で東京・新橋のスナック経営、遠山修一容疑者(40)と中国籍のホステスの女3人を逮捕した。

 新橋地区では、泥酔して記憶のない客がクレジットカードを不正に使用される被害が昨年から急増。今年は9月末までで185件、約6300万円分にのぼり、警視庁が「新型追いはぎ」として警戒していた。遠山容疑者のスナックも同様の手口で不正な利益を得ていたとみられる。

 同課によると、中国人女性の客引きが泥酔客に声を掛け、店でホステスが抱きついたりキスをしたりしながら強い酒を勧め、客の記憶のないうちに勝手にカードを何度も使わせるなどしていた。遠山容疑者は「女性が接待していたのは間違いないが、うちの従業員じゃない」などと供述しているという。

(紙面から)