2015.7.29 05:02(2/2ページ)

村本大輔、ストーカー被害初激白!キツネの面で待ち伏せされた

村本大輔、ストーカー被害初激白!キツネの面で待ち伏せされた

命の危険があったことを初激白した村本大輔

命の危険があったことを初激白した村本大輔【拡大】

 村本にストーカー行為を繰り返していた女子大生(24)が18日にストーカー規制法違反容疑で逮捕されたことを受け、「一旦落ち着いた」と2時間すべてを割いて説明。「2年前から自宅に、花や紙が真っ黒になるまで僕の住所がウワーッと書いてある手紙が届くようになった」と恐怖体験を告白した。深夜2時にストーカーがキツネの面をかぶって自宅前に立っていたこともあったという。

 村本の相談で警察が警告を出したが、ストーカーはその後も村本の前に姿を見せたため、引っ越しを余儀なくされた。証拠が提出できず、なかなか逮捕されなかったが、今月14日に仕事帰りを待ち伏せしていたストーカーの動画撮影に成功。同16日に劇場に来ていたストーカーを発見し、警察に通報して身柄を引き渡した。

 村本は、錯覚で犯人の顔を見たり、包丁で首を刺される夢で目を覚ますことが何度もあり、「ノイローゼ気味になった」と壮絶体験を振り返った。証拠がないと対応できない警察の捜査に対しては「何かあってからでは遅い」と訴えた。

(紙面から)