2015.4.12 05:03(1/3ページ)

プロ棋士が電王戦初の勝ち越し!わずか21手で将棋ソフト破る

コンピューターソフト「AWAKE」と対局する阿久津主税八段(右端)。わずか49分で勝利を収め、プロ棋士が初めて勝ち越した

コンピューターソフト「AWAKE」と対局する阿久津主税八段(右端)。わずか49分で勝利を収め、プロ棋士が初めて勝ち越した【拡大】

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の団体戦、電王戦の第5局は11日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、先手の阿久津主税(ちから)八段(32)がわずか21手でソフトの「AWAKE」を破り、プロが対戦成績3勝2敗で初めて勝ち越した。阿久津八段によるソフトの弱点を突く作戦が成功し、AWAKEの開発者、巨瀬(こせ)亮一さん(27)が負けを宣言した。対局開始からわずか49分で投了に追い込む異例の早期決着だった。

【続きを読む】