2014.12.10 20:33

尾野真千子、共演者からの“いたずら被害”暴露!ポーチに草、海に落とされ…

映画「神様はバリにいる」のジャパンプレミアに出席した左からナオト・インティライミ、尾野真千子、堤真一、玉木宏、李闘士男監督

映画「神様はバリにいる」のジャパンプレミアに出席した左からナオト・インティライミ、尾野真千子、堤真一、玉木宏、李闘士男監督【拡大】

 女優、尾野真千子(33)が10日、東京・新宿バルト9で行われた映画「神様はバリにいる」(李闘士男監督、来年1月17日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 尾野は昨年7、8月のインドネシア・バリ島での撮影中、共演者にされたいたずらを暴露。玉木宏(34)にはポーチに草を詰められ、他にも主演の堤真一(50)、ナオト・インティライミ(35)を含めた3人に海に落とされたといい「普通、女にやる?」と笑いを誘った。堤も「僕は財布入れたまま海に入ってしまい、部屋に帰ってお札を1枚ずつ干した」と笑わせた。