2014.11.15 05:05(2/3ページ)

内定白紙で日テレを提訴!笹崎里菜さん「清廉さに欠けるは偏見」

日本テレビから内定を取り消され提訴した笹崎里菜さん

日本テレビから内定を取り消され提訴した笹崎里菜さん【拡大】

 逆転内定はあるのか-。女子大生Vs日テレの法廷ゴングが鳴った。

 2011年にミス東洋英和に輝いた国際社会学部4年の原告、笹崎さんはこの日、姿を見せず、代理人の弁護士2人が出廷。被告の日テレ側代理人は欠席し、答弁書の中で笹崎さんの請求棄却を求めるとともに、具体的な主張は次回以降に行うとした。

 笹崎さんは昨年9月、同局のセミナーに参加した際、今後他社への就職活動をしないことを条件に内定通知を受けた。だが、今年3月、人事担当者にクラブのバイト経験を伝えると、5月に内定取り消しを通知された。

 通知書には「アナウンサーには高度の清廉性が求められる」「セミナーで提出した自己紹介シートにクラブのバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告だ」などと書かれていた。笹崎さん側は「クラブで働く人は清廉さに欠けるというのは偏見」と批判。「就職の機会を奪っておきながら、多くの企業の募集が終わった時期に内定を取り消すのは許されない」と主張する。

 笹崎さん側の緒方延泰弁護士は「本人はセミナー後、クラブのバイト歴を自己申告したが、こんなに大きな問題になるとは思っていなかった」と説明。提訴前に日テレと事前折衝した際、「裁判所が内定を認める仮処分をしても、日テレは『従わない』というので提訴に至った」と語った。

【続きを読む】