2014.11.1 05:03

土屋アンナ舞台中止の訴訟、東京地裁が次回までに和解案提示

土屋アンナ舞台中止の訴訟、東京地裁が次回までに和解案提示

 女優で歌手、土屋アンナ(30)の主演舞台が公演中止となった騒動をめぐる損害賠償訴訟で、東京地裁が次回口頭弁論までに原告・被告双方に和解案を提示することが31日、分かった。

 土屋が稽古に参加しなかったことが中止の原因として、製作側の代表で監督の甲斐智陽氏(63)が土屋側に約3000万円の損害賠償を求めており、東京地裁でこの日、非公開協議が行われた。関係者によると、次回12月15日までに裁判所側が和解案を示し、和解を受け入れるかどうか協議されることになったが、甲斐氏側の代理人は「まだお互いの主張に開きがある」としている。

(紙面から)