2014.8.18 19:20

釈由美子「正直、辛いです」 会見の席で涙ながらの断髪式

舞台「友情~秋桜のバラード~」でヒロインを演じる藤井真世(右)にバリカンを入れた釈由美子(左から3人目)とヒロインの友人を務める友寄蓮にバリカンを入れる松方弘樹(右端)=東京・西新宿

舞台「友情~秋桜のバラード~」でヒロインを演じる藤井真世(右)にバリカンを入れた釈由美子(左から3人目)とヒロインの友人を務める友寄蓮にバリカンを入れる松方弘樹(右端)=東京・西新宿【拡大】

 俳優、松方弘樹(72)と女優、釈由美子(36)が18日、東京都内で行われた舞台「友情~秋桜のバラード~」(9月3日、東京・浅草公会堂など)の製作発表会見に出席した。

 同作は、米国での実話がベース。白血病で髪の抜けた島崎あゆみをクラスメート全員が丸刈りになり、励ます物語。

 この日は断髪式も行われ、あゆみ役の藤井真世(21)に母役の釈、あゆみの親友役で昨年、自身も白血病を克服した友寄蓮(19)にクラス担任を演じる松方がバリカンを入れた。釈が「正直、辛いです」と涙すれば、松方も「緊張しました」と神妙な面持ちに。

 これに友寄は、「昨年、丸坊主にしたときは1人ぼっちで生死のかかっている状態でした」と振り返り、「私がこうして元気に出ることで病気で苦しんでいる人が希望を持って生きていける舞台になれば」と赤い目で熱演を誓った。