2014.8.10 05:03

予定あけといて♪片平里菜、紅白に意欲満々「出たいです!」

透明感あふれる歌声で、ファンを魅了した片平里菜=川崎市幸区(撮影・原田史郎)

透明感あふれる歌声で、ファンを魅了した片平里菜=川崎市幸区(撮影・原田史郎)【拡大】

 シンガー・ソングライター、片平里菜(22)が9日、初アルバム「amazing sky」の発売記念イベントをラゾーナ川崎で行った。

 アコースティックギターを弾きながら歌う“ギタ女”として、人気上昇中。東日本大震災の被災地・福島市出身で、「この空は被災地や皆さんの家につながっている、という思いを込めて作りました」とアルバムへの思いを明かした。

 屋外の歌唱イベントでは片平の登場とともに降っていた雨が止み、「台風が近づいてどうなるかと思いましたが、よかった」と感激。アルバム表題曲「amazing sky」などを熱唱し、2回のステージで計3000人を喜ばせた。

 今月7日がデビュー1周年の記念日で、「たくさんの人に応援されてきて、うれしかったです」と感無量の表情。NHK紅白歌合戦について問われると「出たいです!」と即答し、関係者に向けて「(年末の)スケジュールをあけておいてください」と意欲満々だった。

 この日は同施設内の総合楽器店、島村楽器ラゾーナ川崎店の一日店長も務め、「今までアルバイトしかしたことがなかったので、うれしい」と店長への“昇格”を喜んでいた。

(紙面から)