2014.7.24 15:05

池内博之、オペラオファーに「ゲゲッって感じでした」

音楽劇「三文オペラ」の製作発表で意欲を語った池内博之とソニン

音楽劇「三文オペラ」の製作発表で意欲を語った池内博之とソニン【拡大】

 俳優、池内博之(37)が24日、東京・渋谷区の新国立劇場で行われた音楽劇「三文オペラ」(宮田慶子演出、9月10~28日まで同所)の製作発表に出席した。

 希代の大泥棒メッキースを演じる池内は「最初にお話を頂いたときはゲゲッって感じでした。譜面読めないのに音楽劇やっちゃっていいのかなって思いました」と正直に答えて笑いを誘った。

 しかし、共演者とは別に1カ月前から個別に歌を集中特訓。警視総監ブラウン役で共演する俳優、石井一孝(46)が「キャラクターで歌っていてうまいですよ」と絶賛するほどの上達ぶりを見せている。

 また、女優のソニン(31)は「こういう記者発表は1年半ぶりで緊張していますが、舞台に戻れてうれしいです」と笑顔を見せた。ソニンは文化庁新進芸術家海外研修制度に合格し2012年末から研修生として米ニューヨークへ演劇留学。今作が帰国後、初の舞台となる。

 米で学んだことについては「ニューヨークにはこの作品に登場する人たちのような、自分の欲や思いを持った人たちであふれている。その体験が生かせるのでは」と力を込めていた。