2014.7.22 15:58

初動捜査ミスで警察署長を更迭 韓国沈没船オーナーの遺体発見

 韓国警察庁は22日、沈没した旅客船「セウォル号」の実質的オーナーだった兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者の遺体が、潜伏先だった全羅南道順天市で発見された際、初動捜査に不備があったとして順天警察署のウ・ヒョンホ署長を更迭した。ウ署長が全国に生中継されたブリーフィングを行ってから5時間後の電撃人事だった。

 兪氏と見られる遺体は6月12日、順天市にあるサービスエリアから2・5キロ離れた畑で発見された。警察は当初、ホームレスの「単純変死」として処理。遺体の遺留品には、兪容疑者と推定できる手がかりが複数あったが見逃し、毛髪や骨など一部の証拠物を回収せず、約40日間現場に放置していた。