2014.6.20 05:01

フィージンが来日公演!被災地癒やした「魂の歌声」を披露

来日コンサートを行ったフィージン=東京・銀座

来日コンサートを行ったフィージン=東京・銀座【拡大】

 日韓の架け橋として活躍する韓国人テノール歌手、フィージン(37)が19日、東京・銀座の王子ホールで来日公演を行った。

 東日本大震災後、被災地の東北3県8カ所に足を運び、傷ついた人々を歌声で癒やし続けたフィージン。来日公演は、多くの被災者から寄せられた「あの魂の歌声をもう一度聞きたい」という要望に応える形で実現した。

 公演を企画中の今年4月には韓国で旅客船沈没事故が発生。「祈り」と題したステージに立ったフィージンは「大震災、海難事故の犠牲者のため、あすの皆さんの元気のために歌います」と日本語であいさつ。日本デビュー曲「ただ愛のために」など16曲を披露し、300人を魅了した。27日には岩手・盛岡市民文化ホールで公演を行う。

(紙面から)