2014.6.16 05:02

福山雅治「多謝大家!」自身初アジアツアーを完走!

広東語を連発し、香港のファンから大歓声を浴びた福山雅治=香港コンベンション&エキシビション・センター

広東語を連発し、香港のファンから大歓声を浴びた福山雅治=香港コンベンション&エキシビション・センター【拡大】

 俳優で歌手の福山雅治(45)が15日、香港コンベンション&エキシビション・センターで香港公演2日目を行い、自身初のアジアツアーを完走した。

 7日の台北公演、前日14日の香港公演初日に続き、この日も会場は横断幕などを持った現地ファンの熱気でムンムン。福山が広東語で「大家好!(ダイガーホー=こんにちは)」と呼びかけると、「ましゃ~(=福山の愛称)」と割れんばかりの歓声が飛び交った。

 福山が「僕が初めて香港を訪れたのは1997年7月1日、香港返還の日。あの日の花火を、写真に撮りました」と秘話を紹介すると、集まったファンは大感激。

 香港でもiTunesチャート初登場1位を記録した最新アルバム「HUMAN」から20曲を熱唱。「香港のファンになじみのある曲を披露します」と、香港歌手のイーキン・チェン(46)にカバーされた自身の曲「恋人」を歌い出すと、会場から大合唱が沸き起こった。初の中華圏ドラマ主題歌となった台湾ドラマ「●(=にんべんに尓)照亮我星球」の主題歌「暁」(現地タイトルは「破曉」)では、最後のサビ部分を北京語で披露してみせた。

 福山は何度も「多謝大家!(ドージェーダイガー=みなさん、ありがとう!)」と広東語で感謝し、最後まで熱いパフォーマンスを披露。約3時間のステージで香港のファンをとりこにした。

(紙面から)