2014.5.23 05:01

元競走馬、おやつを食べる際に覚えた「あっかんべー」

「あっかんべー」のかけ声にあわせて舌を出すマサイ=京都府八幡市欽明台の乗馬クラブクレイン京都

「あっかんべー」のかけ声にあわせて舌を出すマサイ=京都府八幡市欽明台の乗馬クラブクレイン京都【拡大】

 京都府八幡市の「乗馬クラブクレイン京都」で「あっかんべー」と声をかけるとペロリと舌を出す馬が人気だ。人間に換算すると70歳に相当する19歳のサラブレッド「マサイ」で、1996年に「ナリタトウショウ」の名で東京競馬場でデビューした元競走馬。スタート直前に脚がゲートに当たって負傷し、一度もレースに出ることなくクラブに引き取られた。

 8年前、クラブ会員がおやつを食べる際に舌を出すことに気づいた。おやつのたびに「あっかんべー」と声をかけるうちに芸を覚えたといい、クラブ会員らのマスコット的存在になっている。

(紙面から)