2014.5.19 05:04

ASKA容疑者、ウソの供述…所持と使用で「2年半」か

特集:
ASKA被告裁判

 17日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕され、尿検査で陽性反応が出た人気デュオ、CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が18日、送検された。日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)はASKA容疑者の量刑について「初犯は執行猶予になる場合が多いが、今回は実刑の可能性が高い」と明かす。その理由について、同容疑者が容疑を否認しながらも尿検査で陽性となったことを挙げ、「逮捕されてもウソをついた証拠となる」と指摘。今後は覚醒剤の所持に加え、使用容疑での再逮捕もあるとし、「裁判では所持と使用の罪を併せて求刑が3年で、判決は2年半の実刑になるのでは」と話した。

(紙面から)