2014.5.13 17:18

森公美子、瀬奈じゅんとのWキャストに「同じことをやってるんだろうか」

ミュージカル「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」の開幕直前スペシャルイベントに登場した左から森公美子、瀬奈じゅん=東京・丸の内

ミュージカル「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」の開幕直前スペシャルイベントに登場した左から森公美子、瀬奈じゅん=東京・丸の内【拡大】

 オペラ歌手で女優の森公美子(54)が13日、東京・帝国劇場で行われた主演ミュージカル「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」(6月1日~7月8日)の開幕直前スペシャルイベントに出席した。

 同作は、米女優、ウーピー・ゴールドバーグ(58)主演映画「天使にラブ・ソングを…」のミュージカル化で日本初演。元宝塚歌劇団月組トップの女優、瀬奈じゅん(40)とディスコの歌姫、デロリスをWキャストで演じる森は、「ポーズがパン、と決まる瀬奈さんを見て、私は同じことをやってるんだろうか」と苦笑した。

 一方の瀬奈は、役作りでの苦労に宝塚次代の目線の送り方を演出家の山田和也氏から「立派すぎる」と注意されたことを告白。同席した宝塚の先輩女優、鳳蘭(68)も大きくうなずき、会場の笑いを誘っていた。