2014.4.15 05:03

劇団ひとり、柴咲コウから絶賛されるも「美人すぎて緊張する」

初監督映画「青天の霹靂」の試写会で売れないマジシャンの物語にあやかり、マジックを掛けられたままフォトセッションに臨んだ劇団ひとり(中央)と左から柴咲コウ、大泉洋

初監督映画「青天の霹靂」の試写会で売れないマジシャンの物語にあやかり、マジックを掛けられたままフォトセッションに臨んだ劇団ひとり(中央)と左から柴咲コウ、大泉洋【拡大】

 タレント、劇団ひとり(37)が自身の小説を原作とした初監督映画「青天の霹靂」(5月24日公開)のプレミア試写会が14日、都内で行われ、舞台あいさつに立った。

 主演の大泉洋(41)とヒロインの柴咲コウ(32)も登壇。柴咲はひとりの監督ぶりを「無駄はないし、演技指導も的確」と絶賛するも、「すごい人見知りなんです」と指摘。その言葉に、ひとりは「(柴咲は)美人すぎて緊張するんですよ。話したのは『おはようございます』と『お疲れさまでした』ぐらい」と苦笑した。

(紙面から)