2014.3.26 19:27

清原和博氏「最後まで戦います」 薬物報道の文春を名誉毀損で提訴へ

清原和博氏

清原和博氏【拡大】

 西武、巨人、オリックスで活躍した元プロ野球選手、清原和博氏(46)のマネジメント会社は26日、マスコミ各社にファクスを送付、「週刊文春」の記事により名誉を毀損されたとして、同誌を発行する文藝春秋社に対して、計2億5000万円の損害賠償および謝罪広告の掲載等を求めて提訴する準備を進めていることを明かした。

 「週刊文春」は3月6日発売号と26日発売号で、「清原和博緊急入院、薬物でボロボロ」「清原和博は巨人時代から薬物をやっていた」と題する記事を掲載した。

 マネジメント会社は、「今回の週刊文春の記事に端を発する、その他複数の清原和博に対する極めて許しがたい名誉毀損行為についても、追加の訴訟提起を検討しております」としている。

 清原氏も「ファンの皆様方並びに関係者の方々には、大変ご心配をお掛けいたしますが、私は、強い決意をもって、最後まで戦います。」とのコメントを寄せている。