2014.2.7 05:03

能年玲奈、新人賞受賞!“夏ばっぱ”と感激の再会も

特集:
能年玲奈
祖母の“夏ばっぱ”を演じた宮本信子(右)からハグの祝福を受けた能年玲奈=東京・西新宿(撮影・吉澤良太)

祖母の“夏ばっぱ”を演じた宮本信子(右)からハグの祝福を受けた能年玲奈=東京・西新宿(撮影・吉澤良太)【拡大】

 女優、能年玲奈(20)が映画・テレビ界で活躍した俳優らに贈られる「第38回エランドール賞」の新人賞を受賞し、6日、都内で行われた授賞式に出席した。

 昨年放送のNHK「あまちゃん」でブレーク。壇上では「あまちゃん、大好き!」と喜び、劇中で祖母役を演じた女優、宮本信子(68)が花束贈呈で駆けつけた。特別賞も「あまちゃん制作チーム」が受賞し、能年は「次を期待しています」と続編を熱望した。

 女優、杏(27)との正月実家デートを報じられた俳優、東出昌大(26)も新人賞を受賞したが、報道陣から「正月は…」と聞かれ“シーッ”のポーズで苦笑い。「相手は友達? 先輩?」との問いには「ハイ」と答え、明言を避けた。

(紙面から)