2014.1.16 05:05(2/2ページ)

“原点回帰”唐沢寿明、5年ぶり主演映画でヒーロー着ぐるみ

唐沢寿明本人が着るドラゴンレッドだ!!

唐沢寿明本人が着るドラゴンレッドだ!!【拡大】

 16歳の時に芸能界に飛び込んだ唐沢が、50歳にして“原点回帰”する。

 「イン・ザ・ヒーロー」は特撮ヒーローや怪獣の着ぐるみの中で熱演する大ベテランのスーツアクターの情熱や葛藤を描いた作品。「仮面ライダー」シリーズなど特撮モノの老舗として知られる東映が手掛ける大作で、唐沢は2009年の「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」以来、5年ぶりの映画主演となる。

 16歳から約5年間、東映で仮面ライダーなどのスーツアクターや、アクション俳優の吹き替えなどの裏方として修業した唐沢。今回、東映作品に初主演で、劇中の特撮ドラマ「ドラゴンフォー」でドラゴンレッド役としてアクションに挑む。

 企画・原案の李鳳宇氏は「今回の役は実際に経験した唐沢さんしかいない。まさに下積み時代をさらけ出すことになるし、リアリティーが増すと思う」と期待。本人も「オファーが来たときは“俺に縁がありすぎる役だろ”と思った」と笑みを浮かべた。

 クランクインは来月1日。劇中の後半部分では炎の激闘シーンや100人の敵と戦う大立ち回りを行う。そのため、唐沢は昨年9月からウエートトレーニングに励み、牛ヒレ肉とブロッコリー中心の食事で64キロから58キロに減量した。

 「けいこ初日はハムストリング(太もも裏)の筋を切っちゃったりしたけど、ほぼ経験したことをまたやるわけだし、勘も戻ってきた。スタッフは当時の仲間も多いし、夢見ていた若いころを思い出すよ」と充実感を漂わすアクション大作。「年齢的に5年前にオファーしてほしかったよ。やるならこれが最後のチャンス」と意気込むスーツアクター役だけに、唐沢が役者人生をかける。

「イン・ザ・ヒーロー」

 アクション・エンターテインメント映画。熱血漢でブルース・リーを崇拝する48歳の主人公、本城(唐沢)はアクションクラブの社長兼スーツアクター。ドラゴンフォーの主役の吹き替えとして満身創痍の体にムチを打ち、懸命に仕事に取り組んでいる。長年のアクションによる首の痛みが悪化する中、ある日、日本で撮影中のハリウッドのアクション大作の主役が危険を理由に降板。本城に白羽の矢が立てられるが…。

(紙面から)