2013.12.28 05:05(2/2ページ)

高橋ひとみ、猛スピード婚!出会ってたった2カ月

52歳で結婚した高橋ひとみ。交際2カ月の超スピード婚だった

52歳で結婚した高橋ひとみ。交際2カ月の超スピード婚だった【拡大】

 1983~97年に放送されたTBS系人気シリーズ「ふぞろいの林檎たち」や85年のフジテレビ系「スケバン刑事」、87年の映画「私をスキーに連れてって」など数々の話題作に出演し、現在も名脇役として幅広く活躍中の高橋が、52歳にして最愛の伴侶を見つけていた。

 お相手は外資系企業に勤める50代男性。高橋といえば、身長1メートル66のスレンダーな体形で知られるが、男性も長身でスリムといい、お似合いの夫婦だ。

 出会いは今年9月。知人の紹介だったといい、年齢が近いこともあってか、すぐに意気投合した。これまで独身を貫いてきた高橋だが、男性には運命を感じたようで、トントン拍子に交際に発展し、11月中旬に都内の区役所へ婚姻届を提出。

 出会いから、わずか2カ月の“スピード婚”となったが、高橋は男性にベタぼれのようで、周囲に「穏やかな人で、一緒にいてものすごく落ち着くの」と話している。ただ、まだ同居はしておらず、新年明けてから一緒に住むようだ。

 劇作家、故寺山修司さんの秘蔵っ子としてデビューした高橋。かつては役柄からクールで知的なイメージが先行していたが、最近はレギュラー出演するフジテレビ系バラエティー「アウト×デラックス」(木曜後11・0)などでおっとりした天然キャラを披露し、新たな魅力をみせている。

 一方で、過去に10歳年下タレントとの交際が報じられるなど“恋多き女”と呼ばれたが、結婚までは行かず、近年、バラエティー番組で結婚願望を口にしていた。その夢をかなえた形だ。

 芸能界では、今月上旬に女優、高樹澪(53)がIT企業取締役と11月に再婚していたことが発覚、前日26日には女優、杉田かおる(49)が年下の一般男性と再婚していたことが明らかになるなど、熟年婚が続いている。

高橋 ひとみ(たかはし・ひとみ)

 1961年8月23日生まれ、東京都出身。高校在学中に劇作家の寺山修司氏に見いだされ、舞台「青ひげ公の城」でデビュー。TBS系「ふぞろいの林檎たち」の一流大学生役や、フジ系「スケバン刑事」で演じた主人公・麻宮サキ(斉藤由貴=47)のライバル・麗巳役で脚光を浴びる。その後もNHK連続テレビ小説「はね駒」など映画、ドラマに多数出演。血液型AB。

(紙面から)