2013.12.12 05:04

マッチ初の時代劇主題歌!主演タッキー、ドラマと歌が「マッチ」

 歌手、近藤真彦(49)が、来年1月9日スタートのNHKドラマ「鼠(ねずみ)、江戸を疾(はし)る」(木曜後8・0)の主題歌を担当することが11日、分かった。

 2月26日発売の51枚目のシングル「千年恋慕(れんぼ)」で、自身初の時代劇&NHKタイアップ。連ドラ主題歌は1998年以来、約16年ぶりとなる。人気音楽プロデューサー、Jin Nakamura氏にマッチが楽曲制作を依頼し、初タッグが実現した。

 フラメンコギターが奏でる疾走感あり、哀愁漂うサウンドが完成。主演を務めるジャニーズ事務所の後輩、滝沢秀明(31)が演じる鼠小僧次郎吉が真夜中に屋根から屋根へと駆け回るシーンにピッタリだ。マッチは「Jinさんとは、いつかいい仕事をしたいねと、このお話をいただく1カ月前に食事をしたばかり。どこか懐かしく、最高の仕上がりになりました」と自信を見せた。

 滝沢も「粋な鼠小僧と力強いマッチさんの歌声が非常に“マッチ”していてとても心強い限りです」と、大先輩の“参戦”を喜んでいる。

(紙面から)