2013.12.8 05:03

井上陽水、13回目で登場!ジョン・レノンへの「思い強すぎて」

「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演した井上陽水

「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演した井上陽水【拡大】

 元ビートルズのジョン・レノンを敬愛するアーティストが集う恒例のチャリティー公演「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」が、ジョンの命日前日にあたる7日、東京・日本武道館で行われた。

 13回目の今年は、中高生時代からビートルズに熱中し、彼らの名曲を数々カバーしてきた井上陽水(65)が、第1回から続く熱烈なオファーにこたえ、初登場。常連の奥田民生(48)から「早く出てこいよ」とツッコまれ、陽水は「あまりに思いが強すぎて、今日に至った次第です」と照れ笑い。民生がベースでサポートする中、ジョンの「Love」などを披露し、8500人を魅了した。

 ほかにも、イベント提唱者でジョンの未亡人、オノ・ヨーコ(80)を中心にmiwa(23)、flumpoolのボーカル、山村隆太(28)ら17組25人が30曲を歌い、盛り上げた。

(紙面から)