2013.11.18 18:57

赤西 ハリウッド初進出を果たしキアヌの前で「赤西でござる!」

映画「47RONIN」記者会見 会見に登場したキアヌ・リーブス=18日、東京・赤坂 (撮影・桐山弘太)

映画「47RONIN」記者会見 会見に登場したキアヌ・リーブス=18日、東京・赤坂 (撮影・桐山弘太)【拡大】

 米俳優、キアヌ・リーブス(49)が18日、都内で行われた主演映画「47RONIN」(カール・リンシュ監督、12月6日公開)の来日記者会見に出席した。

 ハリウッド版忠臣蔵とも呼べるアクション大作で、5年ぶりの来日となるキアヌは、同作で演じた異端の浪人カイそのままのヒゲ面で登場。印象について大石内蔵助役の真田広之(53)が「自分に厳しく人に優しい。まさに武士道の精神を持っていて尊敬しています」と称賛された。

 すると、キアヌも「真田さんの『シンプル&ディープを目指そう』という言葉が導きとなって仕事ができた」と笑みを浮かべた。一方、同作でハリウッド初進出を果たした歌手、赤西仁(29)は「赤西でござる!」と時代劇風にあいさつし、笑いを誘った。浅野忠信(39)、菊地凛子(32)、柴咲コウ(32)らも出席。