2013.9.27 05:05(3/3ページ)

里田まい、歓喜の涙!愛情レシピでマー君支えた

里田まい、歓喜の涙!愛情レシピでマー君支えた

献立。豚ヒレ肉とパプリカとピーマンの甘酢煮込み、カレイの煮付け、レタス、ベビーリーフ、ブロッコリー、トマト、蓮根、シラスのサラダ、マグロの刺身、茄子のお漬物、小松菜と桜海老のお浸し、具沢山の豚汁、玄米+白米、梨

献立。豚ヒレ肉とパプリカとピーマンの甘酢煮込み、カレイの煮付け、レタス、ベビーリーフ、ブロッコリー、トマト、蓮根、シラスのサラダ、マグロの刺身、茄子のお漬物、小松菜と桜海老のお浸し、具沢山の豚汁、玄米+白米、梨【拡大】

 かつては“おバカタレント”の代表格といわれた里田。料理も「砂糖と塩を間違えた」と告白するほど苦手だったが、結婚してまもない昨年4月、スポーツ選手の食事をサポートする民間資格「ジュニア・アスリートフードマイスター」を取得した。夫がKスタ宮城で試合のある時は、1汁6菜の食事を用意。ビタミンB1を多く含む豚肉やお酢など、疲労回復に効果のある食材や調味料を使ってきた。

 それが今季、夫のスタミナとチーム優勝の陰の原動力の一つになったともいえる。夫の米大リーグ挑戦をにらみ、英会話を習う日々だが、目標はまずプロ野球日本一。夫と二人三脚で夢を現実にするため、栄養バランスのとれた食事を作る内助の功は続く。

みやぎ絆大使を務める俳優、千葉雄大(24)の話 「宮城県出身者としてとてもうれしいです。地元に帰った際は、ぜひホームゲームを見にいきたいと思います! 田中投手と同じ年なので、感化されます」

デビュー前、仙台市に住んでいた山形県出身アイドルの佐藤唯(27)の話 「今年大活躍のマー君が最後を締めくくってくれ、かなり感動、そして興奮したっけ! 東北人としてほんっとうれしいです! これから日本一目指してファイトです!」

(紙面から)

  • 9月4日付ブログで公表した献立。海老とニンニクの芽の中華炒め、アボガド、ほうれん草、レタス、コーン、トマト、人参のサラダ、豚肉とピーマンの塩昆布の胡麻和え、生鮭とキノコのポン酢ホイル焼き、小松菜とひじき入り油揚げの煮浸し、セロリのお漬物、玄米+白米、アサリのお味噌汁
  • 里田まいは楽天の帽子とユニホーム姿でバックネット裏スタンドから声援。「田中」と書かれたタオルを掲げて、優勝を見届けた=西武ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 里田まいは楽天の帽子とユニホーム姿でバックネット裏スタンドから声援
  • スタンドから声援を送る楽天・田中投手の夫人、里田まい=西武ドーム
  • スタンドから声援を送る楽天・田中投手の夫人、里田まい=西武ドーム
  • スタンドから声援を送る楽天・田中投手の夫人、里田まい=西武ドーム
  • スタンドから声援を送る楽天・田中投手の夫人、里田まい=西武ドーム
  • スタンドから声援を送る楽天・田中投手の夫人、里田まい=西武ドーム