芸能メニュー

ここから本文

芸能芸能のRSS

モー娘。高橋愛、涙の卒業…女優修業で米へ (2/2ページ)

2011.10.1 05:05
操作メニューをスキップして本文へ

 見慣れた仲間たちの顔が涙でかすみ、ゆがんでいく。モー娘。とハロー!プロジェクトで過ごした日々を締めくくるアンコール。高橋は、同じくモー娘。史上最長在籍の同期生で、リーダーの座を禅譲する新垣里沙(22)と熱い抱擁を交わすと、もうこらえきれなかった。

 「メンバーの大切さ、スタッフさんの愛情、そして何よりも私を支えてくださったファンのみんな、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

 お別れの手紙は途中で言葉を詰まらせながら、全文をしっかりと読み上げた。文面には、共演するラジオ番組で数多くのアドバイスを受け、多忙の中、駆けつけてくれた“恩師”への思いも込め、「さんまさん感謝です」と付け加えた。

 1日から1人の女優として再スタートを切る。初仕事は、11月27日に東京・帝国劇場で開幕するミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」の出演だ。

 幼少時からミュージカルと宝塚の大ファンで、今でも休日には昼夜で劇場をはしごするほど。自身が目指してきた道をきわめるべく、早ければ来年4月にも語学と演劇の勉強を兼ねて米国留学する。候補地はロサンゼルス、ニューヨーク、ハワイなど。関係者によると、卒業前から事務所に訴えかけてきた熱意が実り、4カ月程度の短期留学を数年にわたって繰り返すという。

 この日はモー娘。加入後、初めて参加したシングル曲「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」で幕が開き、全20曲が披露された。最後は自らデザインしたTシャツに、パーカーを羽織って登場。身に着けていたキャップ、リストバンド、そしてパーカーまで客席に投げ込んだ。

 これまでの卒業生が華やかな衣装でラストを飾ってきたのとは対照的。ソロで活動していく決意を示し、「これからもみなさんがいると思うと、この先も頑張れると思います」とあいさつ。終演後もイメージカラーの黄色いペンライトが揺れ、いつまでも「愛ちゃんコール」が続く中、世界の大海原へ旅立った。

(紙面から)



企画特集

注目サイト