「コード・ブルー」で好演!田鍋梨々花、憧れは山本美月

ワンダフルガール’18
抜群のスタイルと美貌で人気上昇の田鍋。自身の長所は「何事もあきらめずにやること」とアピール=東京・大手町(撮影・長尾みなみ)

 長い手足に整った顔立ち。昨年7月期のフジテレビ系月9ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」で女優デビューし、話題を呼んだ田鍋梨々花(14)が飛躍の年を迎えた。

 「ミスセブンティーン2016」のグランプリに輝き、現在「Seventeen」の専属モデルとして活躍中。月9では天才ピアニスト役を好演し、「街中で『ドラマで見た』と声をかけられるようになった」と知名度アップを実感する。

 4日からオンエアされる「トンボ学生服」の新CMにも出演。活躍の場を広げる彼女の憧れは所属事務所の先輩、山本美月(26)。「美月さんのようにモデル活動に加えて、女優として幅広い役を演じることが理想」という。

 今年の抱負を漢字一文字で「新」と表現し、「より多くの方に知ってもらえるよう、新しいことにどんどん挑戦したい!」と気合をみなぎらせた。

田鍋梨々花(たなべ・りりか)

 2003(平成15)年12月24日生まれ、14歳。千葉県出身。小学5年のときに山本美月、桜井日奈子(20)らが所属する事務所「インセント」にスカウトされ芸能界入り。「ミスセブンティーン2016」で6103人の中からグランプリに選ばれ、モデルに。DHC「薬用アクネコントロール」のCMなどに出演中。特技は和太鼓。1メートル63。

Read more