紅白の平均視聴率、歴代ワースト3位39・4%…収録目立ちライブ感薄れ

 
司会の有村架純=NHKホール(撮影・長尾みなみ) 

 昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が2日、ビデオリサーチから発表され、関東地区で第2部が39・4%を記録した。前年の40・2%から0・8ポイント減り、2部制になった1989年以降で歴代ワースト3位に。9月に引退する歌手、安室奈美恵(40)の最後の紅白など目玉もあったが、2年ぶりに40%の大台を割った。

 安室の登場などで感動を呼んだ紅白だが、視聴率には現れなかった。

 第1部(午後7時15分~8時55分)が35・8%、第2部に(同9時~11時45分)が39・4%を記録。第1部は前年から0・7ポイントアップしたものの第2部は0・8ポイント減。2年ぶりに40%の大台を割り、2部制になった1989年以降では2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐワースト3位だった。年間視聴率では1位を獲得し、国民的音楽番組の面目は保った。

 昨年の紅白は、NHKの働き方改革の一環で出場歌手発表が例年より約2週間早まるなど、スケジュールに余裕を持って進められた。それでも4時間半の生放送で分刻みの過密スケジュールをこなすには入念な事前準備が必要。その影響からか、収録が目立った。

 特に、オープニング映像や連続テレビ小説「ひよっこ」の特別編として上演された寸劇などは演出面では楽しませたが、ハラハラドキドキする一発勝負のライブ感が薄れた感は否めなかった。

 一方で安室が「充実した25年間だった」と熱唱後に涙し、「ひよっこ」の特別編に俳優としても登場した桑田佳祐(61)が熱気ムンムンの公演会場から中継で出演と、大物2人がライブの魅力を証明。収録ものとの対比が際立った。

 また、働き方改革の影響で曲間の演出が減少したが、総合司会の内村光良(53)がコントを熱演したり、白組司会の嵐・二宮和也(34)、紅組司会の有村架純(24)との息ぴったりのやりとりでカバーした。

 同局の井上啓輔部長は「審査員を司会の真後ろにし、これまでにない規模でLEDカーテンを配置しました」と新たな試みに胸を張り、安室、桑田には「大きなインパクトを残しました」と感謝の意を込めた。

 ただ、働き方改革を進めた上で視聴率を維持させる紅白の試行錯誤は今後も続きそうだ。

Read more