ディーン“先生”、徹子ラブコールで「トットちゃん!」ゲスト出演

 
清野菜名演じる黒柳徹子(2列目右)らテレビ俳優1期生に熱く語るディーン・フジオカ(左)

 俳優、ディーン・フジオカ(37)がテレビ朝日系「トットちゃん!」(月~金曜後0・30)にゲスト出演することが10日、分かった。女優、黒柳徹子(84)の半生を描いた作品で、黒柳にテレビ女優としての使命を熱弁するNHK講師役で登場。尊敬する黒柳本人から熱烈ラブコールを受けたディーンは「とても誇りに思います」と感激した。

 “ディーン先生”が熱血授業を開講する。

 清野菜名(23)主演の「トットちゃん!」は、黒柳とその家族の激動の昭和史を描く物語。ディーンは、NHK専属テレビ女優第1号になる黒柳に、テレビ女優としての使命と誇りを教える米国帰りの同局講師・河毛宏を演じる。黒柳が研修時代に出会った実在の講師をモデルにしたオリジナルキャラクターで、彼女のその後の人生に大きな影響を与える重要な役だ。今年4月に「徹子の部屋」特番でお花見デートをするなど黒柳とは共演歴があり、黒柳本人から「今、最も注目している俳優」として熱烈オファーを受けた。

 アジアで活躍していたディーンが先生役を務めるのは、日本作品では初で「何より徹子さんからオファーをいただき、本当にうれしかったです」と喜んだ。22日放送の第38話のワンシーンに登場し、「あなた方はテレビジョンを成功に導くため、全身全霊で努力しなければなりません」などと熱いセリフを語り、清野演じる黒柳が「素敵」とうっとりする場面も。清野は、昨年6月のネットドラマで恋物語を演じて以来となるディーンとの共演に「1年半ぶりのディーンさんもかっこよかったです」と役柄同様にメロメロだ。

 ディーンは「尊敬する徹子さんの人生の物語の一部に登場する機会をいただけたことを、とても誇りに思います」と感激している。

Read more