カトパンの洗い流したい過去の“失態”とは?/芸能ショナイ業務話

 
サンスター「EVERYDAY G・U・Mキャンペーン」発表会に出席した加藤綾子=7日、東京・赤坂

 昨年5月にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーとして活躍中の加藤綾子(32)。先月には古巣の同局系「世にも奇妙な物語’17秋の特別編」でドラマ初出演&初主演を飾るなど活動の場を広げているが、過去の“失態”を明かした。

 CMキャラクターを務めるサンスター液体歯磨き「ガム・デンタルリンス」のキャンペーン発表会に出席したときのこと。歯周病菌を殺菌、除去する同商品にちなんで“洗い流したい、忘れたいエピソード”を問われると、「同期旅行でまさかの遅刻…」と書いたフリップを恥ずかしそうに披露した。

 局アナ時代に、インターネット番組の配信用で同期の椿原慶子アナ(32)、榎並大二郎アナ(32)と京都に旅行することになったが、「私が集合時間を間違って把握していて、寝坊してしまいまして…」と告白。「出掛ける準備を始めようかな、というときに、『今どこにいるの!?』と電話が掛かってきました」と振り返り、「『ごめんなさい!』と言いながらダッシュで向かう様子もインターネットに流れちゃったんです。普段は遅刻しないので、この過去はなかったことにしたいですね」と苦笑いした。

 一方“今年キレイさっぱり消し去りたいエピソード”を質問されると、「断捨離したいのに…」と書いたフリップを提示。部屋をスッキリさせるため、洋服の仕分けに取りかかっているというが、「いざ仕分けをしていくと『あ、これもしかしたら着るかも』と思って、なかなか断捨離できないんです」と悩みを吐露。「物を捨てるって難しいですよね」と照れ笑いしていた。(こっしー)

Read more