妻子6人殺害し放火か…32歳父親を逮捕、容疑認める供述

 
1階の部屋から遺体が見つかった県営アパートを調べる警察官ら=6日午前9時13分、茨城県日立市

 6日午前5時ごろ、茨城県日立市の3階建て県営アパートの一室から出火し、1階の部屋で男児とみられる4人と成人女性1人の遺体が見つかった。他に女児も搬送先の病院で死亡が確認された。この部屋に住む男が「自宅に火を付けた」と日立署に自首。女児に複数の刺し傷や切り傷があったため、署は女児への殺人容疑で自称会社員、小松博文容疑者(32)を逮捕した。

 県警によると、死亡したのは小松容疑者の妻、恵さん(33)と、小学6年の長女、夢妃(むうあ)さん(11)、小学1年の長男、幸虎(たから)君(7)、保育園児の次男、龍煌(りゅあ)ちゃん(5)、保育園児で双子の三男、頼瑠(らいる)ちゃん(3)と四男、澪瑠(れいる)ちゃん(3)。

 逮捕容疑は同日午前4時半ごろ、自宅で夢妃さんを殺害した疑い。捜査関係者によると、小松容疑者は容疑を認め「家族6人を殺害し、自宅に火を付けた」との趣旨の供述をしている。6人は同じ和室で倒れ、全員に刺し傷などの外傷があったという。

 小松容疑者は午前5時すぎ、自ら車を運転して日立署を訪れて自首。県警によると、夢妃さん以外の男児4人は小松容疑者の実子だった。近所の住民によると、母子は数年前に引っ越してきて、小松容疑者も後に一緒に暮らし始めた。小松容疑者は「妻から離婚を切り出された」と周囲に話していたという。

★団地の住民、肩落とし「かわいそう…」

 現場はJR常磐線小木津駅から約1・5キロで、築40年近い3階建てなどのアパートが約20棟立ち並ぶ団地。住人の男性(37)は「本当にかわいそうだ」と肩を落とした。死亡した長女と長男が通っていた市立田尻小の中島修校長(54)によると、家庭や学校でのトラブルは聞いていないという。小松容疑者が約3カ月前から働いていた市内の自動車修理店によると、容疑者は2日に「嫁が吐血して入院したのでしばらく休みます」と置き手紙を残していた。男性店長(45)は「普段は真面目に仕事しており、びっくりしている」と語った。

Read more