朝ドラ「わろてんか」のヒロイン、葵わかな 慶大生は大役を経て一皮むける?/芸能ショナイ業務話

 
NHK連続テレビ小説「わろてんか」でヒロインを務める女優・葵わかな

 2日にNHK連続テレビ小説「わろてんか」がスタート。話題となった「ひよっこ」に続く朝ドラとあり、初回は平均視聴率20・8%と好スタートを切った。ドラマは、明治後期から第二次大戦直後の大阪を舞台に、吉本興業の創業者、吉本せいさんをモデルに笑いと涙の物語を描く一代記。ヒロインは東京海上日動火災保険やアート引越センター、地盤ネットなどのCMで知られる葵わかなだ。

 柴咲コウ、北川景子ら多くのスター女優を抱える大手芸能事務所、スターダストプロモーションの期待の逸材。かつてはアイドルグループ「乙女新党」のメンバーも務め、女優業と並行して活動していたが、2014年に卒業してからは女優業一本に。

 小学5年生のときに東京・原宿でスカウトされて芸能界入りして以降、芝居の世界にどっぷりと浸かってきた。13年の映画「陽だまりの彼女」で上野樹里演じるヒロインの中学生時代を演じて注目を浴びるなど、その演技力は折り紙付き。今回、3度目の朝ドラオーディション挑戦で、2378人の中から大役を射止めた。

 前作「ひよっこ」のヒロイン、有村架純や前々作「べっぴんさん」の芳根京子のような華のある女優というよりは愛嬌のある親しみやすい存在。これまで何度か取材してきたが思い出すのは、いつも人なつっこい笑顔(本人は人見知りということだが)で、今回のヒロインにはピッタリだと思う。

 私生活では、AO入試で慶應義塾大学総合政策学部に合格し、今春から女子大生に。合格時にも本人を取材したが、このときは自分の将来の進路に迷っているようにも感じた。当時はまだ朝ドラヒロインが決定する前。そこにはきっと、数々の作品に出演していながら代表作と胸を張っていえるものが今まで無かったという思いが影響していたようにみえた。

 今回の「わろてんか」は、その代表作をつかむためのチャンス。「ひよっこ」の影響もあり、いま「わろてんか」は大きな注目を集めている。彼女の自信となる作品となるのか。葵の奮起に期待したい。(まろ)

Read more