2018.8.9 12:00

【竿々学々】8月1日にコマセ釣りがスタート!相模湾の本ガツオ&キハダマグロ、まずまずの開幕

【竿々学々】

8月1日にコマセ釣りがスタート!相模湾の本ガツオ&キハダマグロ、まずまずの開幕

特集:
竿々学々

 ――師匠、相模湾の本ガツオ&キハダマグロのコマセ釣りが始まりましたね。今シーズンはどうなんですか。

 「まだ始まったばかりで何とも言えんが、初日の釣果を見る限りはまずまずと言ったところだな」

 ――今シーズンの本ガツオの群れは、全般に小さいと父が言っていましたが、そうなんですか。

 「おお、いまのところ父君の言う通りな感じだな。群れはいる事はいるんだが、一つ一つの群れが小さいので場荒れも早いって感じだ」

 ――サイズはどうなんですか。

 「型は全般にいいみたいだな。初日(8月1日)にも3キログラムオーバーの本ガツオ、25キログラムオーバーのキハダマグロが出ているからな」

 ――本ガツオなら私にも何とかなりそうですが、20キログラムオーバーのキハダになると、コマセ釣りの道具だと簡単には獲れそうもないですね。

 「あれ、お前はコマセ釣りの本ガツオ&キハダマグロはやった事がなかったっけ」

 ――はい。ルアー釣りでは何回もやっているんですが、コマセでは釣った事がありません。

 「掛かった後のやり取りは、ルアー釣りとそんなに変わらんが、問題は取り込みだな。お前の言う通り3、4キログラムの本ガツオなら簡単に引き抜けるが、20~25キログラムのキハダマグロになると、先糸を取ってから引き寄せるまでが難儀だからな」

 ――そうなんですよ。TV番組で観ていたら先糸を取ってから随分と苦労していたみたいだったので。

 「ゲームフィッシングじゃないから取り込みは船長か上乗りに頼めばいいんじゃね~か。何だったら電話しておいてやるぞ」

 ――それは有り難いですが、一応、私も釣り人の端くれですから出来るものなら一人で何とかしたいので…。でも、『危なそうだったら手伝ってやってくれ』位の事は言っておいて頂ければ…。

 「分かったよ。本ガツオでもキハダマグロでもいいから何か1匹釣って来て刺し身と漬け丼を御馳走してくれ。暫く新鮮なカツオ、マグロは食っていないからな」

 ――はい。分かりました。頑張ります。私も漬け丼は大好きですから、思いっ切り食べましょう。

 「おお、楽しみにしているぞ」