2018.8.8 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】楽しい金魚“救い”の秘訣教えます

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

楽しい金魚“救い”の秘訣教えます

松本ひでお

松本ひでお【拡大】

 夏休み真っただ中。祭りの縁日で金魚すくいをやった子供から「飼いたい!」とせがまれませんか? ただお祭りの金魚は弱っている場合もあり、すぐに死んでしまうことが多い。きょうは、そんな悲劇を起こさないためのアドバイスです。

 まずは金魚を選ぶこと。デメキンやリュウキンはかっこいいけど弱いので、頑丈な和金がお勧め。体から細い針金のようなものが突き出ているのはイカリムシ病。ピンセットで取れますが、避けた方が無難です。あと弱ってきたら水に塩を入れてやる。それも相当濃いめ。かなりの確率で元気になりますよ。

 さてさて、今週は釣りも阿佐ケ谷の老舗釣り堀「寿々木園」の金魚。10尾=写真=釣りましたが、持ち帰らず。わが家には10年前に釣った先住者の和金がいるので、あとから入れると縄張り争いになることがあるのです。

 今回は釣り人というより、中学高校の生物部魚班OBのコラムでしたね。 (フリーアナウンサー)