2018.8.2 12:00(1/2ページ)

東京湾・走水沖の速い潮に鍛え上げられたビッグなブランドアジ狙え

東京湾・走水沖の速い潮に鍛え上げられたビッグなブランドアジ狙え

今井寿美礼さん、ブランドアジのダブルにドヤ顔です=東京湾・走水沖

今井寿美礼さん、ブランドアジのダブルにドヤ顔です=東京湾・走水沖【拡大】

 出るか大型! 東京湾・走水沖はその名の通り、潮の流れが速い。このポイントで釣れるアジは型が良くて、うまい。半日で50尾以上の好釣果が出ている神奈川県横須賀市・走水『海福丸』へ。午前船に乗り込み、40センチオーバーのビッグなブランドアジを狙った。

 平日にもかかわらず、ブランドアジを求めて釣り人が次々と船へ乗り込んでいった。ライトアジが主流になってきているが、走水はビシ130号。潮が速いためライトな道具では太刀打ちできない。船宿の推奨はPE4号、仕掛けがハリス2~3号の2、3本バリ。これらを用意して、右ドモに釣り座を構えた。

 走水沖の水深43~50メートル。コマセをいっぱいに詰め、3本バリに丁寧に赤タンを付けてスタート。潮の流れが速く、道糸が斜めに落ちていく。梅沢直樹船長のアナウンスは「水深43メートル」だったが、49メートルでようやく着底。道糸を真っすぐに立てるためこまめに底ダチを取る。指示ダナは底から3メートル。2メートル巻き上げ、コマセをしっかり振る。もう1メートル上げて待つ。コマセが効いてきたのか周りでアジが釣れ始めた。

 私の竿にもギュンッと強いアタリ。ゆっくりきき合わせてみると重い。本当にアジ? というほど引きは強い。ハリスを手繰ると30センチのアジ。丸々とした良型だ。再投入。また底から3メートルでアタリ。巻き上げ始めてさらに重くなった。慎重に上げると、思った通り2点掛け。コンスタントに良型がヒットした。

【続きを読む】

  • 口が弱いアジ、特に良型は玉網が必須です
  • 多点掛けを狙って数を伸ばそう