2018.7.25 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】かつて釣ったハゼを唐揚げにしてくれた居酒屋の看板を発見

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

かつて釣ったハゼを唐揚げにしてくれた居酒屋の看板を発見

壁に残っていた居酒屋の看板

壁に残っていた居酒屋の看板【拡大】

 先週は甲子園の阪神-巨人戦中継のため、大阪に出張していました。宿がかつてのニッポン放送の定宿。懐かしい光景に出くわしました。

 ホテルの裏手に、その当時、試合後によくお邪魔していた居酒屋があり、店自体は代替わりしているんですが、壁に看板だけそのまま残っていたんです=写真

 30年前は、解説者の関根潤三さんやアナウンサーの大先輩に交じって末席にちょこんと。ビールはおかわりなし、食事も満足にのどを通らないほど緊張していました。

 それが15年くらいたつと自分がメインのアナウンサーになり、自由に飲み食いするようになり、やがて朝方釣った魚を持ち込むようになるんだから、増長もはなはだしい(笑)。

 「こんな小さい魚、勘弁してやぁ」。なんて言いながらもハゼを唐揚げにしてくれたっけ。

 ちなみにハゼはこの時期、阪神電車の武庫川駅鉄橋下の川縁で数釣りが楽しめるんです。今年は酷暑の影響もあるのか、地元の釣具店の店員さんによると、さっぱりなんだそうです。 (フリーアナウンサー)