2018.7.19 12:00

【竿々学々】東京湾のタチウオ、大型交じり釣果上昇!連日のように130センチ級も

【竿々学々】

東京湾のタチウオ、大型交じり釣果上昇!連日のように130センチ級も

特集:
竿々学々

 ――師匠、東京湾のタチウオがやっと安定してきたようですね。

 「おお、5、6月頃からちょくちょく釣れてはいたんだが、2、3日で下火になったり1週間として安定して釣れなかったからな。とにかく、アテにならない状況が続いていたが、ここにきてやっとまともに釣れるようになってきた」

 ――父に聞いたんですが、タチウオは全国的にあまり良くない状況が続いているようですね。

 「その通りだ。駿河湾や大阪湾を中心にした西日本地区でもパッとした釣果は上がっていない。この時点でまともな成績が続いているのは、東京湾だけって感じだな」

 ――その東京湾のタチウオですが、やたらと大型が釣れるらしいですね。

 「ああ、今シーズンは確かに型がいい。これまで東京湾では、120センチ超えはめったに釣れなかったんだが、今シーズンは毎日のようにどこかの船で120センチオーバーが姿を見せており、130センチという超弩級も釣れているからな」

 ――130センチですか。まさに“ドラゴン”ですね。ところで釣り方は餌釣り中心ですか。

 「いいや、ルアー専門船も何隻か出ており、餌釣りとルアー釣りの割合は半々くらいかな」

 ――やはり、ルアー釣りの方が大型が多いんですか。

 「いや、そうでもないらしい。餌釣りでも120センチ超えが何匹も釣れているようだしな」

 ――私はタチウオは、ルアー釣りの方が好きなんですよ。今週末に彼と行こうと思っているんですが“幽霊”君、しばらくは大丈夫なんでしょうね。

 「先週あたりからの釣れっぷりを見ていると、今度は幽霊のようにプッツリ消えるようなことはなさそうだな」

 ――分かりました。それを信じて行ってきますね。

 「おお、行ってこい、行ってこい。俺は今週末からしばらくイベント続きで行けないから、しっかり釣ってきて“炙り”をごちそうしてくれ。タチウオの皮を炙った刺し身が好きなんだが、しばらく食っていないからな。大型を頼むぞ。刺し身にするならやはり大きい奴ほどうまいからな」

 ――分かりました。120センチ超えを釣ってきて、炙りをごちそうして差し上げますよ。

 「おお、楽しみにしているぞ」