2018.7.6 12:00(1/2ページ)

【ヘラブナ】夏本番! 良型の束超えに大満足

【ヘラブナ】

夏本番! 良型の束超えに大満足

夏本番に向け、ヘラブナの型も数釣りも期待度アップ=埼玉県本庄市『間瀬湖』

夏本番に向け、ヘラブナの型も数釣りも期待度アップ=埼玉県本庄市『間瀬湖』【拡大】

 異例の早さで梅雨が明け、いよいよ夏本番がやってきた。ヘラブナ釣りも両ダンゴの盛期を迎え、ダイナミックな釣りが展開される。埼玉県本庄市の『間瀬湖』に出掛けたところ、35センチ以上の良型ばかりで104枚。安定感ある釣れっぷりは、この夏イチ押しだ。

 ★概況

 『間瀬湖』は「ため池百選」に選定されるなど景観美が自慢。魚影の濃さは折り紙付きで、35~40センチ級の良型が揃うことから釣趣も満点だ。

 ★ポイント

 実績が高いのが第2石垣。常に入釣者が餌を打っており、居着きが多くアタリ出しが早い。しかし活性が高いこの時期は、どこも大差はないので空いているポイントに入るのがカギ。

 ★釣り方&餌

 水深があるので宙釣りがメイン。10尺前後の短竿から21尺以上まで好みでOKだが、深場から引き抜く魅力を味わうなら、長竿がお勧め。餌は両ダンゴ。ただし混雑時や食い渋り時は、角麩「一発」や「ヒゲトロ」が効果を発揮する。

 ★実釣

 午前5時30分、第6石垣前に入った。18尺竿でタナはチョウチン。まずは寄せを重視して、ボソッ気のある餌でスタートする。サワリ出しまでに20分、アタリが出たのは、さらに5分後。ウキのトップ付け根で一旦静止すると、刻むように馴染みかけた瞬間、“ズバッ”と消し込んだ。糸鳴りをさせて、穂先が水中に突き刺さる。“ゴクンゴクン”と左右に頭を振るのを感じながら、慎重に取り込んだのは39センチ。800グラムはある肉厚だ。

【続きを読む】

  • 104枚の束釣りにフラシ3つとも満タン