2018.6.29 12:00(1/2ページ)

割引券“復活祭”で鬼カサゴ…連日2桁 最大800グラム4尾ゲット

割引券“復活祭”で鬼カサゴ…連日2桁 最大800グラム4尾ゲット

約800グラムの中鬼ゲット。梅雨の鬼カサゴ、半端ないって=三浦半島・沖の瀬

約800グラムの中鬼ゲット。梅雨の鬼カサゴ、半端ないって=三浦半島・沖の瀬【拡大】

 高級魚の鬼カサゴが、半端ない好釣果を出している。連日のようにトップが2桁を記録。そんな“ゴールラッシュ”に沸く神奈川県三浦市・三崎『えいあん丸』では、梅雨のうっとうしさを晴らすお得なイベントが行われている。梅雨明けまで開催する割引券の“復活祭”だ。私も昨年の券を持ち込み、さっそく鬼退治に出発です。

 ポツポツ雨が降る沖の瀬。桃太郎よろしく、シャキーンと刀を竿に変えて午前8時半にスタートしました。13日に17尾と爆釣した富田政治さん(65、川崎市)は見事な竿さばきで早速、小型ながら本命とご対面。私はというとウネリと速い潮でオモリの着底に「?」状態です。

 同宿では乗合チケットの半券、年賀状や暑中見舞いなどのはがきが1000円割引券になっている。どれも期限は1カ月以内だが、「シケ続きの時、出船や釣果の復活の意味も込めて期限が切れた割引券の復活祭を開催しているんですよ」と小笠原義勝船長。鬼カサゴに撃沈な私の“復活”はいつ来るのか、再び気合を入れ直した。

 潮の流れが少し落ち着いた10時過ぎ、手元にモゾッとかすかな感触。船の上下動でアタリなのか半信半疑。とりあえず巻いちゃいます。すると海面には赤い魚影が。それも2つ。300グラム級の小鬼のダブルだ。目を覚ましたかのような私の竿に今度はズズーッと力強い引き。明らかに本命。15メートル手前で激しく抵抗。思わずギュッと力が入る。どんぶらこ~と海面に現れたのは立派な鎧を着た800グラムの本命です♪

【続きを読む】

  • ゆる~い企画の復活祭が好評の小笠原義勝船長(中央)。常連さんも両隣で感謝